印象に残るのぼり

のぼりの利用テク

Yahoo! JAPAN

印象に残るのぼりメイン画像

小さいころに見た応援のぼりに魅了された経験を、書きます

印象に残るのぼり

http://www.pavaje-beton-amprentat.com/を読んでいて思い出したのですが、小さいころ、両親に無理を言い、甲子園に連れて行ってもらったことがあります。

クラスの子たちがみんな行ってると聞き、野球の事をあまり詳しく知らず、興味もそんなになかったのにただみんなの流行に取り残されるのがイヤという理由で連れて行ってもらったのです。

残念ながらその試合がどこと対戦したか、どちらが勝ったかは覚えていません。

そのときの記憶で強烈に残っているのは、野球の試合の勝ち負けではなく、黄色いのぼりの鮮やかさ、そして応援する方たちの応援歌でした。

各自が応援するのぼりの迫力に圧倒され、まだ小学生2年生のわたしには、試合どころではなかったのです。

そんな迫力に圧倒された私が次にほしいと思ったのは・・・そうです!あののぼりです。

阪神ファンでもなかった子供が、阪神ファンが振るあの大量の黄色いのぼりに魅了されたのです。

現在、黄色の応援団は、大きく「応援団」と「私設応援団」の2つに分かれ、それぞれに、16の加盟応援団と11の加盟応援団があります。

この加盟応援団のほかにも、連合会が2つ、応援団が2つあり、全国に大勢のファンを持つ一大組織となっているのです。

私が子供の頃に見たあの光景は今も甲子園にありますが、私がそうだったように今の子供であの黄色いのぼりに魅了されてる子ももしかしたらいるかもしれませんね。